太平洋の奇跡

観てきました。

ずっと考えています。

戦争を知らない私が戦争映画が好きだ!と軽率に言ってはいけないが、この大変な時代をよく知っておくべきだ、忘れてはならないといつも思い、こういった映画をよく観る。

舞台は昭和19年のサイパン島。米軍の攻勢で日本の隊は壊滅し、島は米軍の手に落ちる。生き延びた大場大尉(竹野内豊)ら、わずか47人の日本兵で民間人を保護。タッポーチョ山に立てこもって16カ月にわたる徹底抗戦を行う…。

お国の為に死ぬのが当たり前とされた兵士たちが、どんな思いで戦い、どんな思いで山を降りたか・・・
そして、47名の指揮官となった大場大尉はどんな思いで戦い抜いたのか、私には想像を絶する。

私は今、恵まれた時代に生きているんだと改めて感じ、そんな大変な時代を生き抜いた方々へ尊敬の念を抱くとともにずっとずっと後世に伝えていく必要があると思う。
d0152578_719354.jpg


しっかし、最近の唐沢さんには度肝を抜く。
全くイメージからは離れた、存在感大な役だったなあ。

by hulamamayou | 2011-02-27 07:21 | 映画